六郷神社

神道の知識

参拝の作法

手水の作法

古来より、神社参拝の際もっとも大切とされるのは、心身を清める事だと言われています。

神社の参道には必ず手水舎があります。ここで口をすすぎ、手を洗うことは、いわゆる『みそぎ』を簡略化したもので『手水を取る』と申します。

≪手水の手順≫
1.柄杓を右手で取って清らかな水をくみ、それを左手にかけて清めます。
2.柄杓を左手に持ちかえ、同様にして右手を清めます。
3.再び柄杓を右手に持って、左のてのひらに水を受け、その水で口をすすぎます。
4.柄杓を立て、残った水を柄杓の柄に流してから、静かに台の上に柄杓を伏せて置きます。

参道を歩く

心身を清めたら、参道を通って、拝殿に向かいます。
参道の中央は、神様がお通りになるところですので、それを避けて歩くことが礼儀でしょう。

拝礼の作法

神前では正面に立って拝礼します。
お賽銭をあげ、鈴があるところでは鈴をならしてから、二拝二拍手一拝を致します。

これが神社にお参りするときの基本作法といわれるものですが、大切なのはあくまでも真心こめた祈りであり、形式にこだわりすぎて本義を忘れることのないように心掛けたいものです。